ClockenflapフェスティバルにFirenzeシリーズが登場

clcokenflap full

2014年12月 

2014年10月に行われたJZフェスティバルではK-arrayのFirenzeシリーズが使用され、イベントは最高の盛り上がりを見せました。その1か月後、Firenzeシリーズが香港のClockenflapフェスティバルで再び登場!素晴らしいサウンドを提供しました。

ジェイムス・マック氏 「Clockenflapの主催者はいつもサウンド、アート、音楽の限界を押し広げようとしています。彼らはサウンドシステムに大きな期待を寄せていますが、私達はいつも自信満々でK-arrayを薦めています。主催者はコンサートシリーズとFirenzeシリーズのライブにおける柔軟性を大変気に入っています。K-arrayがあるからこそ、彼らの野心的なイマジネーションは達成されるのです。」

 

Clockenflapフェスティバルは7年目を迎える音楽とアートのフェスティバルです。美しい香港のスカイラインを背に、この魔法のような3日間は音楽とアートを1つして、最高に刺激的な世界を創ります。このイベントは年々規模が大きくなり、形を変えています。K-arrayはこのイベントに参加し、テクノロジーの限界を押し広げることができて大変誇りに思います。Firenzeシリーズはいくつかのステージに設置されました。設置されたのは30台の「KH8」、22台の「KS8」、60台の「KH15」です。それだけでなく、9台の「KH4」、6台の「KS4」、23台の「KMT12」、13台の「KR402」、10台の「KR202」も使用されました。フェスティバルの主催者はお客様が絶対に忘れられないサウンドを提供するつもりでした。

 
phoca thumb l clockenflap 9  clcokenflap 10
  

6つのステージでK-arrayのモニターとスピーカーが配置され、メインステージには24台の「KH8」と16台の「KS8」を使用しました。メインステージではTenacious DやクKool & The Gangなど有名なアーティストが出演しました。 フェスティバルのお客様は出演アーティストのきらびやかな衣装や70年代のサウンドに魅了されました。ステージの両脇にはフロントフィルとサイドフィルのため「KH15」が8台、フロントフィルに「KH4」が4台、サイドフィルに「KO70」が4台、ドラムフィルのための「KO40」が2台、モニタリングのための「KF12MT」が14台設置されました。

香港のTime Out誌 :「多くのバンドがロックを演奏していました。特にRudimentalはディープなクラブビートを鳴らしていました。彼らのようなパワフルなアーティストにはパンチのあるサウンドシステムが必要でしたが、ステージ上は非常に高い音圧を提供できる新しいK-arrayのスピーカーシステムで埋め尽くされていました。」

 

メインステージから少し離れたReplay StageではThe VaccinesやRudimentalがライブをしました。このステージにはFirenzeシリーズの「KH8」が12台設置されました。フロントフィルには「KH15」が6台、サイドフィルには「KH4」と「KS4」、モニタリング用に「KF12MT」を6台、追加のサブウーファーには「KO70」が6台使用されました。

clockenflap 3

このイベントは数千人の来場者の記憶に深く刻まれました。K-arrayは“完璧なサウンドを追究する”という約束を果たすために最善を尽くし、新しい音響の革命を迎えるため進化します。来年も楽しみにしていてください!

clockenflap 5 clockenflpa 4

 

  • clcokenflap full
  • phoca thumb l clockenflap 9
  • clcokenflap 10
  • clockenflap 3
  • clockenflap 5
  • clockenflpa 4
  • phoca thumb l clockenflap 1
  • phoca thumb l clockenflap 6
  • phoca thumb l clockenflap 7
  • phoca thumb l clockenflap 11