イタリアの企業が手掛けるクリエイティブな通信環境の構築にK-arrayが採用されました

k array creative communications

 

2009年にイタリア北西部の街、トリノで設立されたDOOH.ITはデジタルアウトオブホームメディア(OOH)通信の新興セクターに力を注いでいる若く革新的な会社です。

DOOH.ITによる技術プロジェクトはソーシャルおよびモバイルに従事し、デジタルサイネージやデジタルデザインの経験からイタリアをはじめ世界中100以上の都市で幅広く採用されています。このようなプロジェクトの成功を収めるには、芸術的な創造性とエンジニアリングスキルを組み合わせていることが必要です。

 

最新技術の導入はプロジェクトの成功の維持をしていくためには不可欠で、DOOHも最新のビデオシステム、スクリーン、ビデオプロジェクターを重要視しています。ですがDOOHは市場の他の企業とは異なりオーディオの品質にも焦点を当てています。なぜならビジュアルに付随するあらゆる音響は可能な限り正確に、なおかつ必要とされる十分なパワーで再現されなければならないからです。

 

technological projects

 

DOOHの場合、使用されるラウドスピーカーは丈夫で外的要因にも耐えることが出来なければなりません。
そのうえ美的観点においても容易に組み込めることが条件で、こういった点からもDOOHがK-arrayとパートナーになるのはとても自然なことでした。

 

「私たちは事業開始当初から、Exhibo(K-arrayのイタリアのディストリビューター)とのコラボレーションを始めました。私たちの目標達成の助けとなるK-arrayの一流のオーディオソリューションを具体的に挙げるとKobra, Vyper, Lyzard, Anakondaです。これらはプロジェクトを成功させるための理想的なソリューションであると言えるでしょう。」

Roberto Vogliolo, engineer and CEO of DOOH.IT

 

K-arrayを使用してDOOH.ITが手掛けた重要なプロジェクトの1つに、ミラノのD Loftがあります。
D Loftは企業の立ち上げ、記者会見、デジタルアウトオブホームキャンペーン等のプロトタイプ試験を主催する企業に提供される最先端の通信技術を備えているB2Bファシリティです。
D Loftは様々なタイプのメディアアクティビティに対応出来るよう、Dシアター、Dラウンジ、Dショールーム、Dカンファレンス、Dロビー、Dデスク、Dラボ、Dミーティングの8つに分けられたスペースで構成されています。

 

applications

 

特に洗練されたレイアウトは追加の設計要素としてのAnakondaスピーカーによって高められます。これはマルチメディアシステムに特化した最も高機能なテクノロジーを意味します。

 

「私たちの創造力が最も刺激されたK-array製品はAnakondaです。
Anakondaはその種の製品の中でも特に興味深く、ユニークな製品です。私たちの業界ではアプリケーションは数えきれないほど多く、それらはほとんどの場合、隠すことなく見通しのよい場所に設置されています。
Anakondaの柔軟性は人目を引く形にデザインすることが出来、注目を集めるのに理想的であると言えます。」

(ibid.)