株式会社アートブレーンカンパニー大阪支社様 KR102導入レポート

R0021958

2015年5月 

東京都中野区に本拠地を構え、イベントやファッションショー、コンサート、各種展示会などの音響・照明デザインを幅広く手掛けている株式会社アートブレーンカンパニー。 2013年5月に大阪支社音響部が設立され、その翌年、同部署のメインスピーカーシステムとしてK-arrayポータブルシリーズ「KR102」が2セット導入されました。 12インチパワードサブウーファーに2インチラインアレイバーを組み合わせたこのシステムは、1対抗でおよそ300人規模のコンサートPAにまで対応できます。導入いただいてから約1年間の運用を経て、「KR102」の感想を音響部の中島顕夫氏にうかがいました。

「初めてKR102の音を聞いた時 "これはいける" と確信しました」

導入の経緯について:「大阪支社音響部を設立にあたり、時代を先どる洗練されたスタイル、軽量コンパクト、且つ音質にも妥協を許さない。そんなスピーカーシステムを探していました。初めてKR102の音を聴いた時、"これはいける"と確信をしました。商業施設や文化施設でのイベントなど、音のクオリティーはもちろんの事、スピーカースタイルにも気を遣う現場が多く、スリムでコンパクトなKR102であれば、それらの全てを満たしてくれると思いました。」

 

IMG 0566  abc 2

「和モノとの相性がすごく良いです」

音質面での感想:「特に和モノとK-arrayの相性がすごく良いです。畳の上に置いても違和感がなく、スピーカーの特性としても琴や尺八などの和楽器にマッチしている印象を受けました。他にもストリングス奏者やマリンバ奏者の方、ギターリストの方やヴォーカリスト、洋楽系の方々もKR102を絶賛していました。打楽器、弦楽器との相性は非常に良いです。 」

Talk Show1  LIVE2

軽減された負担を他の仕事に充てることができる 

運用面での感想:「まず、軽量で仕込みも簡単ですので体力的な負担が少ないです。チューニングに関しても、卓側で多少の調整はしますが、内蔵されているプリセットを読み込めばそれだけでいい音が出てくれる。省電力なので電源の少ない会場でも容量オーバーの心配もない。このような負担が軽減されることは現場では重要で、その分の余った時間と体力を他の仕事に充てることができます。また、クライアントからの反応も良好です。現場ではスピーカーを不思議そうに見ているお客さんもいて、見た目以上のパワーとその音質に皆さん驚いているようです。」

________________________________________ 

株式会社アートブレーンカンパニー 大阪支社

住所:大阪市福島区福島6-24-16奥田ビル1F・2F

TEL:06-6451-0885

  • R0021958
  • IMG 0566
  • abc 2
  • Talk Show1
  • LIVE2