稲川淳二の怪談ナイト2016でK-arrayが使用されます

稲川淳二の怪談ナイト2016でK-arrayのKR202KR102が使用されます。

以下ツアーリリースより抜粋

『2016年夏、”稲川淳二の怪談ナイト”に強力な助っ人が登場! コンサートホールにはそれぞれに、天然の音の響き具合を示す残響値というも のがあります。 クラシックや合唱には残響値の多いホールが好ましく、式典や朗読や落語など には残響値の少ないホールが好ましいとされています。 早口で畳み掛けるような稲川の怪談語りには、もちろん残響値の少ないクリア な環境が望ましいものの、好条件の会場ばかりでのスケジューリングは難しく 、音が響きすぎてしまう会場での開催を余儀なくされている現状に、我々は毎 年頭を悩ませておりましたが、昨年、強い味方となるスピーカーと出会うこと ができました。 マイクを通したクリアな音の伝達性に優れ、いかなる環境下においても明瞭度 のある声を聞くことができるイタリア製ラインアレイスピーカー「K-array」。 スタイリッシュでコンパクトなフォルムは、独特の世界観を演出する舞台美術 の邪魔をすることもなく、目立たずに自然な音を拡声してくれます。 昨年、怪談向きではない残響値の多い何箇所かの会場で試したところ、お客様 からも絶賛のお声を多数頂くことができました。 よりよい環境で”稲川怪談”を楽しんで頂けるよう、今年開催のホール公演では 「K-array」がフル稼働する予定です。』

 

ツアースケジュールはこちら http://www.inagawa-kaidan.com/schedule/

*一部K-arrayを使用しない会場もございますので詳しくは弊社までお問い合わせください

ツアーリリースPDF版

 

ツアーリリース表紙

ツアーリリースK array紹介文

ツアーリリース スケジュール